若ハゲ改善法

若ハゲになって気づく3つの悩み - 若ハゲ改善法

若ハゲ改善法

若ハゲになって気づく3つの悩み

薄毛や抜け毛に悩むのは中年以降と思っている人が多いことから、若ハゲになると色々なことに悩んでしまうものです。
恥ずかしいとか、中年のようだなど、自分で自分を悪く見てしまう傾向があります。
60代以降は50%程度の方にAGAを始めとした薄毛の症状が出るので、悩みを共有するより悩む必要もなくなっていきます。
しかし、20代では薄毛を感じる人は6%程度しかいないので、圧倒的少数であることから目立つと考えられています。
そこで、若ハゲになると気が付く3つの悩みを取り上げ、育毛のモチベーションアップを図りましょう。

まず1つ目に、若ハゲになると友達から言われる何気ない言葉に悩み始めます。
極端な例では、「滑る」「励ます」「晴れる」などの言葉を悲観的に受け取って、若ハゲの指摘を受けているような感覚が起こると言われています。
直接、若ハゲと言われるのもかなりのショックですが、触れないように接する相手にも落ち込んでしまいます。
友達同士でも信頼関係が持てずに、学校に行かなくなる人や外出さえしたくないと考える人がいます。

2つ目に、おしゃれが楽しい年代なのに、何を着ても似合わないと悩む人が多いです。
若ハゲをカバーするためにキャップをかぶるファッションを選ぶことが多くなり、服を自由に選べない、楽しくないと考える方が目立ちます。
女性の場合、フェミニンなファッションに合わせる帽子が少ないと困る人もいます。
高額なウィッグは見た目にも自然で周囲にバレる心配がありませんが、10代から20代前半の方が購入するには負担が大きすぎて使用に至らないことがほとんどです。

最後に、だんだん自分にも自信がなくなって、若ハゲだから恋愛は無理だと悩む人もいます。
同年代の異性は若ハゲに興味を持つわけがないと思い込んで告白できない、告白したが若ハゲが原因で振られた、若ハゲと付き合うと彼氏・彼女も馬鹿にされるのでは、などの事で悩んでしまうと言われています。

以上の3つが若ハゲになって気が付く悩みだと言われています。
他にも若ハゲのせいで不快な思いをする方が大勢いますので、若ハゲにならないスカルプケアや、若ハゲを解消するための育毛剤を使うなどの工夫をするのがお勧めです。
ファストフードの食べ過ぎや、過度なダイエットなど、10代~20代前半にありがちな行動でも、若ハゲの原因になると言われていますので注意しましょう。
今のところ薄毛に悩んでいなくても、生活を見直すことで若ハゲ予防をするのは十分に可能です。
若い時にしか挑戦できないことを若ハゲであきらめなくていいように、予防・改善を検討して下さい。